情報商材の嘘と真実

情報商材は詐欺商材が多いため判断が難しくなっています。このブログでは情報商材のレビューとジャッジをしていきます。

読むだけで買いたくなる文書力

 

 a0002_003098

好太郎です。今日も僕のブログに来て頂きありがとうございます。

普段の生活の中で、こんな経験をしたことはないでしょうか

 

 

・迷惑メールの件名が気になり開封してしまった

・サイトで広告のコピーが気になりクリックしてしまった

・通販番組の商品紹介を見ていて欲しくなってしまった

 

 これは、誰でも日常的に経験していることですね。

これがコピーライティングの意図的に仕組まれた魔法です。

このコピーライティングスキルを見につける事で

貴方のアフィリエイト活動に大きく影響して行きます。

※コピーライティングとは?(文書を書くという意味ですが、ここでは文書を書く技術)

 

 簡単に言ってしまうと、 ライティングスキルを身に付けるだけで

アフィリエイトで100万円稼ぐ事は難しくないということです。

 詳しくは⇒コピーライティングの極意

 

❑コピーライティングで重要な3つの要素

 

・テストをする           (売れなければコピーを変えて、売れたらいじらない)

・見出しに1番力を入れる    (見出しで全てが決まります。)

・相手に役立つ情報を提供する  (メリットがなければ見てくれない)

 

この3つがコピーライティングの重要な部分です。この3つを意識

して実践することで、大きく変化していきます。

 

 

 

❑ですます調

その他の基本的なところで敬語を使う 、 ですます調で語る事が、

硬すぎずに、身近に感じて頂けます。

 

例えば、

「このライティングスキルの力は偉大である」

 

                      「このライティングスキルの力は偉大です」

意味合いは一緒でも、ですます調を使う事で相手の感じ方が変わってきます。

親近感を意識しすぎて、馴れ馴れしくするのも見てくれない要素の1つです。

 

 

❑専門用語は使わない。 

見る人によって使い分ける事が出来ないのがブログです。

例えば専門用語でも、わかる人もいればわからない人もいます。

どちらかと言うと、わからない人の方が多い気がします。

 

ブログの記事1面に、専門用語が並んだ文書を見ただけで

わからない方はすぐに画面を閉じてしまうでしょう。

誰にでもわかる文書を書くだけで、今まで見向きもしなかった

方達も興味を持ってくれる可能性が増えていきます。

 

 ❑誰に向けての記事なのか

 読んでもらいたい方が「誰か」ではなくて、「貴方」と対象を明確にします

そうする事で、読んでいる方も自分に語りかけてくれている事と認識して

記事の内容に徐々にのめり込んでいきます。

 

 例えば、

「この本を読んで欲しい」と言われるより

            「あなたにこの本を読んで欲しい」と言われた方が嬉しいですよね。

 

文書1つで受け止め方が大きく変わります

ライティングスキルを身に付ける事で、売れている方はそれ以上に、

売れていない方は、必ずと言っていいほどに売れていきます。

是非コピーライティングを身に付けてみて下さい。

  詳しくは⇒コピーライティングの極意

                        

      2014/02/17

 - コピーライティング